• ホーム
  • 国際勃起機能スコアとED治療薬について

国際勃起機能スコアとED治療薬について

2019年09月08日
キッチンで立っているカップル

国際勃起機能スコアは、ED(勃起不全)であるかを確かめるためのセルフチェック方法です。
国際勃起機能スコアは過去6ヶ月の状態を設問に当てはまるかどうかを書き込み、その点数が21点以下であれば、EDの可能性が高いと考えられるものです。
設問は5問で勃起を持続させる自信、性的刺激によって勃起した時にどれぐらいの頻度で挿入可能な硬さになったか、性交のさいの挿入時にどれくらの頻度で勃起を維持できたか、また性交が終了するまで維持するのが困難であったか、性交を試みたさいの満足感となっています。
これらが22点以上であれば正常と考えられそれ以下の場合にはEDの可能性が疑われます。
国際勃起機能スコアは医療機関を受診したさいに必ず受けるものですが、インターネット上でもスコアを知ることが可能で、ED対策が必要であるかの判断材料とすることができます。

一方で、EDになったさいには主にED治療薬が処方されます。
バイアグラなどが有名ですが、現在ではこれらのジェネリック医薬品が多く登場しており、そのひとつがアバナです。
アバナは、主成分アバナフィルを配合しており、これまでのED治療薬に比べて即効性が高く食事に影響が出にくいメリットがあります。
最短で15分程度で効果が現れ、6時間から10時間ほどの効果が持続します。
ただしED治療薬には副作用もあるため服用には注意が必要です。
そのため、天然素材であるローズウッドオイルを利用するという方法もあります。
ローズとついていますがバラではなくアマゾンにある樹木でローズの香りがするためその名がつけられています。
このオイルの効果としてはリラクゼーションのほか催淫効果があり、女性だけでなく男性のEDにも効果を発揮するとされています。